ホームページ > 重要ニュース

重要ニュース

苗圩が応急産業発展協調機制第一回メンバー会議を主宰
 国務院事務庁『応急産業を加速的に発展する意見』(国弁発[2014]63号)を着実にさせるには、応急産業発展協調メカニズムの総招集者、工業と情報化部の苗圩部長は応急産業発展協調メカニズムの第一回メンバー会議を主宰し、応急産業発展作業について研究しアレンジした。国家発展改革委連維良副主任、人的資源社会保障部の湯涛副部長、保監会の周延礼副出席などの協調メカニズムメンバー及び連絡者が会議に参加し、国務院応急事務室の李暁東主任が招待に応じて会議に出席した。





 会議では各メンバー機関が応急産業発展作業の状況について話し合い、審査により応急産業発展協調機制作業制度及び2015年重点作業任務を通過させた。また討論を通して国家重点発展の応急製品及びサービス指導目録、国家応急産業模範基地管理方法を通過した。苗圩部長は重要な発表を行った。
  
 苗圩部長は、応急産業を発展させる重要性を深く把握すべきで、応急産業の出現及びその発展は社会経済発展がある段階進入の産物であり、10年間近くの探索で、応急産業が国家に励まされた産業になり、突発事件に対応する中での役割がますます大切となり、応急産業を発展させるのは共産党中央、国務院の決定を着実にさせる重要なやりかたで、国民の生命財産安全を保護する差し迫った要求であり、新経済成長点を育成するための重要内容であると指摘した。

  

 

 そして、苗圩部長は国務院の決定部署を分類して着実にさせるべきで、応急製品及びサービス目録、応急産業模範基地など規範及び応急産業を案内する基礎的任務に対して、今年度年末にできるだけ早く段階的成果を取るようと強調した。また現有関連作業に整合推進できる任務に対しては、応急産業を各支援産業発展の具体的作業に入れ、当該享受政策をよく生かし、毎年各メンバー機関に打ち出された応急産業政策措置をまとめ、深く研究する作業任務に対して、複数の部門と提携し、皆の知恵を集め、作業強度を向上させ、共同でそれを推進するようとも強調した。
  
 さらに、苗圩部長は協調機制の役割を切実に果たし、分業責任、密接な提携、相互間話し合い強化、密接に協調、相互支援、協力形成を堅持し、共同で応急産業発展作業を着実にし、職務に努め、現実を重んじ進取し、具体的問題の解決をめぐり、一歩一歩突破し、小さな勝利を積むと必ず大勝利になり、国務院の決定部署を着実にさせ、重点に焦点を当て、革新し、部門間の協調を顕著にさせ、情報交流を促進し、地方に作業を着実にさせるようと指導し、その中に共同で遭遇した問題を推進解決するようと要求した。
著作権©中国安全産業協会、中国
住所:北京万寿路27号電子ビル2813
郵便コード:100846 電話:86-10-68207991