ホームページ > 重要ニュース

重要ニュース

全国職業病予防作業ビデオ会で、職業病予防作業水準を全面的に向上と強調
全国職業病予防作業ビデオ会で以下を強調

    作業配置を向上し、責任の実行を強化し

    全面的に職業病予防作業水準を高める



 
 全国職業病予防作業ビデオ会が開催され、国民の生命健康権益保護を最高職責とし、その作業配置を顕著にさせ、責任をより細くまで着実にさせ、より厳格に監督し法律を実行し、より密接に協調し、普通労働者の根本的利益を実現保護し、全面的に職業病予防作業水準を高めるようと強調された。
 
 近日、全国職業病予防作業ビデオ会議が開催され、会議では党の十八回三中、四中全会精神及び中央指導者による重要指示精神を徹底的に実行させ、「四つの全面」戦略配置を根本とし、習近平総書記が「五一」国際労働節及び表彰式における重要な講話精神を貫徹させ、国民生命健康権益保護を最高職責とし、国弁発20号文を着実にさせることをよいきっかけとし、作業をより顕著な位置に配置させ、責任をより厳密に着実にさせ、厳格に監督し法律を執行し、より密接に協調し、普通労働者の根本的利益を全力で実現し、保護し、職業病予防作業水準を全面的に向上させるようと強調された。国家安全監管総局の楊棟梁局長、国家衛生及び計画生育委員会の王国強副主任は会議に出席し発表した。国家安全監管総局の李兆副局長は会議を主宰した。

 楊棟梁局長は、人を根本とし、行き届き、うそ偽りせず、骨の折れるほどの気持ちを堅持し、国民への深い感情で、強い責任感、使命感を込め、広大な労働者の安否を気にかけ、労働を重んじ、労働者を重視し、就業環境を切実に改善し、就業品質を高め、労働者の権益を保護し、職業病予防作業をより重要な位置につけ、労働者に体面労働、全面的発展を実現させるようと努力し、そして安全生産と職業病を経済社会発展企画に取り入れ、同時に部署し、同時に推進し、同時に発展させ、また職業衛生監管法律実行チーム建設を強化し、安全生産及び職業衛生を一体化させる監管法律実行制度を設立し、法律実行力を強化し、監管実効を高め、職業病予防責任完全体系を設立し、企業着実主体責任を明確にさせ、各部門間が責任の擦り合いをせずにそれぞれ責任を担当し、「防、治、保」の継ぎ目なくかみ合いで、共同で掴め共同で管理する局面を形成させ、広大労働者を楽しく出勤、無事に家に戻り、健康に退職できるようとすると要求した。
 
 また、楊棟梁局長は、深い矛盾に焦点を当て、強力な措置を取り、最も差し迫った問題を解決し、根本的に根治予防に力を注ぎ、法律に従う管理に努め、源の整理整頓を深化し、重点業界専門項目整地を持続的に展開し、違法行為を厳重に取り締まり、基準未達成企業の整頓封鎖を力に入れ推進し、基礎が強固ではない問題を解決し、そして全国職業棒危害状況調査展開を組織し、状況を把握し、情報が正確で、状況が明確にし、漏洩がないようとし、その以外に職業衛生法規基準体系を完全化させ、新状況と結びつけ、新基準の策定を加速し、法規基準において対応性の弱い問題を解決し、問題志向を堅持し、研究方向を見つけ、職業病発病構造などの基礎研究を強化させ、新技術、新設備、新材料の応用を推進し、科学技術手段により動態的に職業危害を観測し、科学技術力の不足問題を解決し、全国塵肺予防基金の設立を推進し、職業病危害整地専門項目基金の設立を研究し、塵肺患者の救済及び職業病危害整地を推進し、保障措置不完全問題を解決するようと強調した。

 王国強副主任は、職業病予防が広大従業者の最も関心を寄せ、最も直接的かつ現実的な利益問題の一つで、任務が非常に困難で、責任が重大で、使命が光栄である。関所を前に移行し、産業構造を中高レベルへに推進させる歴史チャンスを掴め、職業病危害源の整地を強化し、また密接に結びつけ、労働者健康権益保護及び促進を出発点と立脚点とし、職業病患者保障待遇を着実にさせ、人を根本とし、予防に努め、職業病危害を制御し解消し、労働者職業健康権益を全力で保護し、困難を克服し、職業健康検査及び職業病診断をさらに推進し、職業病の救済レベルをいっそう向上させ、職業病報告及び監視作業品質をより高め、職業病予防機関能力をより向上させるようと強調した。
著作権©中国安全産業協会、中国
住所:北京万寿路27号電子ビル2813
郵便コード:100846 電話:86-10-68207991